中小企業向けのERPシステム「ALL-IN」

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務の改善をサポートする、

株式会社ワクフリです。

今回は、ERPシステムALL-INのご紹介です。

ERPについて、「よく耳にするけど、どういうものなのか実はよくわからない・・・」という方も少なくないと思います。

そんな方のために、今回は「ERPとはなにか」という解説から始めていきます。

ERP(基幹システム)とは?

ERPとは「経営業務資源計画(Enterprise Resource Planning)」という英語の頭文字から取っている言葉です。

「経営業務資源計画」と言われても抽象的でピンとこない方も多いかもしれませんが、「自社の経営情報のほとんどすべてを集約するデータベース・データシステム」を総称しているものが、ERPシステムです。

営業・販売・物流・経理・財務など、企業内に点在しているあらゆる情報をIT化により一元管理し、それぞれの管理を一元的に行うことで、基幹業務の効率化をはかったり、経営戦略を決めたりすることに役立ちます。

ERPシステム「ALL-IN」とは・・・

株式会社ビジネスバンクグループが提供する、ERPシステムです。

“中小企業に必要なシステムが「オールインワン」”と言われるほど、顧客管理(CRM)・営業支援(SFA)・​人事/給与・会計・販売/仕入/在庫管理・グループウェアなどの​経営に必要な​すべてのシステムが入っています。

では、その豊富な機能について見ていきましょう。

当ブログは、弊社がいいな!と思ったクラウドサービスを独自に紹介するものです。
当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、万が一記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。ご了承くださいませ。
詳細はメーカー様公式サイトをご確認ください。

※2018年7月現在の情報です。

機能

◼︎コックピット

全データからリアルタイムに生成される指標が、グラフや図表を用いたインジケータで表示されます。すべてのデータがつながっているから、営業から、バックオフィスまで、経営に必要なすべての数値や状況がわかる様々なインジケータが閲覧できます。

◼︎顧客管理

エクセルで顧客データを管理する時代はもう古い?ALL-INの顧客管理機能は、顧客を「個人」「法人」で分けて管理したり、顧客を「部門ごと」や「事業所別」に登録したりすることで、顧客対策がわかりやすくなります。また、他の機能と連携してステータス別で顧客管理することもできます。

◼︎営業支援

「プロセス」と「アクション」に分解することで営業活動をデータとして可視化。
プロセス管理やアクション管理、ステータス別の案件チェックで、顧客情報や商談の成功事例・失敗事例を、データとして可視化して情報共有することで、営業の生産性と効率化を行うことができます。

◼︎集客ツール

顧客管理システム連動型問い合わせフォームが作成できます。問い合わせフォームからリクエストが届くと自動的に集計管理し、エクセルに集計する二度手間や別の顧客データーベースソフトとの照合が一切不要になります。さらに、予算を組んでその結果をログとして残すことで、集客の費用対効果を出すことができます。

◼︎グループウェア

スケジュール、タスクの振り分け、イベント管理、さらにチャット機能まで、全てがつながっているのでチームで働くことが楽になります。会議室などの施設予約、メールの管理や送受信、ワンクリック式のタイムカードによる出退勤管理など、日常業務に便利な機能が備わっています。

◼︎人事/給与

ALL-INの他のすべてのシステムと連携しているので、残業時間などのデータ入力の二度手間を省きます。毎日出退勤の記録はコックピットでクリックするだけ。グループウェアやチームビルダー、会計/財務システムなどそれぞれのシステムから必要な情報が連動しています。

◼︎会計/財務

「ALL-INー販売/仕入/在庫」のデータ、「ALL-INー人事・給与」のデータなどが、
そのまま会計/財務システムに反映されるため、作業効率が大幅に改善され、データのミスも無くなります。
さらに、銀行に入金があった場合はそのデータが取り込まれ、自動的に仕訳を行う機能もあります。

◼︎販売/管理/在庫

見積書の作成、受注、売上請求まで、クリックだけでスムーズに業務処理を行います。
《ALL-INー営業支援》のデータから見積もりや受注まで繋げることができます。さらに、債券の管理や前受金の管理も可能。仕入案件の「作成」「発注」「仕入」「支払予定」の作成まで行えます。

気になる料金は?

豊富な機能が魅力的なALL-INですが、利用料金はどのくらいかかるのでしょうか。

月額基本料金5万円 + 追加アカウント料金3000円/1ユーザー

(+初期費用10万円)

でご利用いただけます。

経営をスムーズに行うための機能が豊富にそろっていて、この料金で利用できることを考えると、コストパフォーマンスは高いと言えるでしょう。

ERP導入費用は決して安くはないからこそ、十分なコスト計算や価格比較を行った上で、パッケージ製品かクラウドERPか、並びに各製品を選定していきたいところです。

以上、ERPシステムALL-INのご紹介でした。

当ブログでは、今後も便利なサービスをご紹介していく予定です。お時間があれば、是非また覗きに来てください(^-^)

※2018年7月現在の情報です。

詳しい情報は、ALL-IN公式サイトより、ご確認ください。
リンクはこちら⇒(https://web.all-in.xyz/

【お問合わせ】

株式会社ワクフリ

info@wakufuri.com

chat work ID:wakufuri

092-600-4200

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。