伝統ある老舗割烹も、Airレジを活用中!

店舗名 

博多ふじ本様

 

代表者様

藤本広之様

 

業種

飲食店

 

所在地

福岡県福岡市博多区下川端町10−11

 

HP

https://www.facebook.com/hakatafujimoto/

 

導入クラウドサービス

・タブレット型POSレジ「Airレジ」

・名刺管理アプリ「Eight」

 

導入前の課題

商品分析、顧客管理は帳面を見ながら行っていました

藤本広之様(写真右前)、藤本貴之様(写真右奥)にお話を伺いました。

「今までは、商品について、何がどのぐらい注文されているか、商品の統計を取ることや分析をすることがすぐに出来ませんでした。

商品の統計、分析は、帳面を見てお客様の出入りの情報と照らし合わせながら行っていたため、手間がかかっていました。
また、顧客情報の管理についても、名刺と一緒に管理している帳面を見直しながら、紙ベースで行っていました。
商品管理も顧客管理ももっと簡潔に出来ないかと考えていたときに、顧問契約をしている会計事務所さんからの紹介で髙島さんとお会いすることに。

簡単に商品・顧客管理もできるタブレット型のレジがあると聞いて、一度話を聞いてみようと思いました。

髙島さんから説明を聞き、実際の画面を見て分かりやすいと思い、試しにAirレジを導入することに。
毎日、お客様の来店がとても多く、それに伴い管理も煩雑になっていたのが気になっており、そこを整備するためにAirレジ導入を決意。

また、Airレジはレジ機能だけでなく、商品分析はもちろん顧客管理も出来て、毎日しっかり活用出来そうなのも良いなと思いました。

 

 

導入後の成果は?

クラウドサービスを組み合わせることで管理がより楽になりました!

髙島さんから話を聞くまではAirレジ等タブレットPOSレジについて詳しくは知りませんでしたが、実際にレクチャーを受けながら、これはうちでも有効活用できそうだと感じました。
使い方も思っていたより簡単だなと感じました。 

また、Airレジをレジとして使うだけでなく、名刺管理アプリの「Eight」から、お客様の名刺データをAirレジに移して顧客管理にも活用しています。

クラウドサービスを組み合わせることで顧客管理が楽になりました。
Eightの名刺データは年賀状などお客様にお便りを送るときに住所録としても使っています。これも便利です。

 

導入後もサポートを続けてもらえました

最初は、タブレットのレジなんて良く分からないなと思っていましたが、Airレジ導入まで髙島さんが必要なことをちゃんと説明してくれましたし、

導入後もサポートを続けてくれて、分からないことがあったらその都度質問に答えてくれました。

 

 

今後の展望

業務を簡潔にして、空いた時間で新しいことに挑戦したいです

今は、お店の中でメニューとか管理体制、バックオフィス業務のことなど、整ってない部分も少しある状況です。

古くからのやり方を続けていることで、業務に追われ、帰り時間が遅くなったりすることもあります。

ITを活用して情報を一元管理出来るようになり、もっと業務をわかりやすくしていきたいと考えています。

また、業務を整理して簡潔にすることで引き継ぎもしやすくなると思っています。

まずは仕入れ・帳面などの業務を引き継ぐところを頑張りたいです。

空いた時間でメニュー開発なども力を注ぎたいですし、ゆくゆくは明太子の販売もしたいと考えています。

また、博多ふじ本にもっと色々な客層を増やしたいと思っています。

若い人でも来やすくなるように、お昼営業をしたり新しいメニューを出したり…具体的にはまだ決まっていませんが、値段、品質は下げず、お客さんが来やすくなるようなお店にしたいと考えているところです。
メニューももう少し増やしたいと思っていて、私が京都で学んだものと福岡の食材を組み合わせて作ったメニューなども徐々に出してみたいですね。
その他、キャッシュレス決済についてはカード会社ごとに端末がバラバラなので、端末を1つにしたいというのは思っています。」

;