企業のバックオフィス業務改善のことならお任せください!業務大幅拡大につき社員・パートナー募集中!

Processed with MOLDIV

【キャリアサプライさま】
ペーパーレス化に成功して不要な紙を200kg処分!
勤怠管理ツールKING OF TIMEなどの活用で有給申請や年末調整がとても楽に!〜導入事例〜

オンライン初心者でもペーパーレス化に成功!
勤怠管理ツールKING OF TIMEなどの活用で
有給申請や年末調整が楽になった!

今回、キャリアサプライさまにてワクフリによる事業改善のためのヒアリング・ITツール導入サポートを行わせていただきました。

株式会社 キャリアサプライ

Webサイト: http://www.careersupply.co.jp/

お話を伺った方:篠田 幸さま

業種:人材派遣・人材紹介・教育研修サービス

コンサルティング内容:業務改善のためのヒアリング

【事業内容】
労働者派遣業・有料職業紹介事業・教育研修事業・委託事業


目的:
・紙での勤怠管理の撤廃/アナログな状態からの脱却
・ブラックボックス化している業務のみえる化
・一人ひとりに対する負荷を減らしたい

課題:
・仕事の慣習の影響で、IT化や業務を改善する動きに抵抗感があった
・メンバー間での情報共有がうまくできていないため業務に余計な時間がかかっていた
・オンラインでの仕事に慣れていない、違和感があった

効果:
・クラウド会計を使うことで紙で給与明細を渡す手間が省けた、年末調整が楽になった、紙をなくすことで紙の保管場所であった部屋が一つ空いた
・ITの重要さにいち早く気がついた。クラウド人材を育成する事業を立ち上げた
・オンライン会議で時短となり、いつでも誰とでもつながることができるようになった

目次一覧
【ワクフリを選んだ理由】

【実際にどうだった?ZOOMやチャットワークに違和感は?】

【オンラインへの一歩を踏み出せない企業さまへ】

【ワクフリよりメッセージ】

 

なぜワクフリを選んだのですか?

ーーーーーワクフリの皆さんに会えてよかった!

とにかく皆さんいい人で、社長の平野とも話していたのですが、皆さん感じが良くて話しやすかったんです。営業感が強くなくて、安心して話ができるのが良かったし第一印象が良かった。色々とやり取りする上で、そんなことも分からないの?っていうレベルの内容や質問もとても優しく答えてくれて、こんな人たちいるんだって驚くくらいの質問のしやすさ、対応の良さでした。

「できることあればいつでも聞いてください」って言ってくれて、ちゃんと聞いてくれる人ってあまりいらっしゃらないんです。ワクフリの皆さんはしっかり聞いてくれるので、こちらがあとで反省するくらいにいろいろと聞いてしまいます。チャットでのやりとりが初めてだったんですけど、聞いてもらえるので助かりました。もう今は全てチャットワークでやりとりしたいです。

どうしたら良いかわからない、社内に同じ温度感の人がいない状況の中でも、前向き・一生懸命に対応してくれるので、こちらも触発されてモチベーションが上がります。社内環境を良くしよう、なんとか結果残してやろう!という気持ちが出てくるんです。
業務改善のためにワクフリさんに入ってもらったのですが、こんな気持になると思ってもいなくて…やってよかったと言うより、出会えてよかった!と心底思います。


ーーーーーいい意味でIT会社っぽくない!

普段私たちが接しているIT会社とのイメージとは違って、ワクフリの皆さんはとても優しく低姿勢でIT初心者の私にもわかりやすく、理解できるまで説明してくれる。私たちの話を遮ることなく聞いてくれるんです。「こんな感じで〜」という言語化できない悩みに対しても、しっかりと聞いた上で形にしてくれる。いい意味でIT会社っぽくないな、という印象です。

私が一番ビックリしたことは、話をしながら業務のフロー図がスムーズにできることです。
これは本当にすごいと思いました。試しに私もマネしようとしたけどできませんでした。話を聞きながら同時にフロー図を上手に作っていく工程は、まさにプロの技ですね。

 

実際に導入してみていかがでしたか?
ZOOMやチャットワークに違和感はありましたか?

勤怠管理のKING OF TIMEとマネーフォワード会計の活用で有給申請や年末調整がとても楽になりました。今まではタイムカードやエクセルの数字を転記して…という手間があったり、給与明細の紙を印刷して封入して渡す…という作業が発生していたり、従業員が休みだと渡せなくて給与明細がいつまでも手元に残っていたりしたので。
特に年末調整に関しては、昨年のデータが残っているので申請者側だけでなく管理者側も簡単で時短になったなと感じています。

ZOOMやチャットワークに関しては、導入前の時期はコロナウイルスが流行る前で、今よりオンラインが当たり前になる以前の環境だったので、違和感や抵抗感が非常にありました。
個人的にオンラインを受け入れられなくて喋りづらかったし、慣れていませんでした。
オンラインに慣れていない段階でワクフリさんと一緒にやりとりさせていただくことで良い練習になったなと思います。

オンラインへの一歩を踏み出せない企業さまへ

『遅かれ早かれオンラインの必要性は高まってきている。このままじゃダメだ。ということにいつ気がつくかだと思う』

ーーーーーオンラインのハードルは高くない!

オンラインに移行するハードルは高くないと思います。経費も削減できるし、時短にもなるし、慣れれば楽だし、圧倒的に効率が良い。
私たちもオンラインでの仕事に大きな抵抗感があったけど、ワクフリさんのおかげで今は問題なくできている。失敗できる環境をワクフリさんが用意してくれているから安心してチャレンジできるんです。今できなくてもそこから慣れていってできるんだなって思います。

就職活動中の学生も「在宅勤務OK」という条件を重視するようになっていると聞きます。
どのような状況下においても変幻自在に変化できるかどうかが企業に求められていると感じます。
「オンラインに移行できていない、このままじゃダメだ…!」と危機感を持てるかが重要です。
今付けるのか、そうでないのかで今後の明暗が分かれるのではないですかね。

お問い合わせはこちらから↓

 

【ワクフリよりメッセージ】

株式会社ワクフリは、中小企業の業務効率化・IT化支援を行っています。
新型コロナウイルスの影響を受けオンライン化がますます進んでいる2020年。
「オフライン(対面など)の良さにオンラインをどう近づけるか?オフラインの満足度をどう上げるか?」ということを考えなくてはいけないと思っています。

IT化に順応し新しいツールを取り入れ、働きやすい環境作りを行っている篠田さまは「佐賀の企業を盛り上げるような会社になっていきたい・人もどんどん増やしたい・新しい事業を成功させたい」と仰っていました。佐賀にキャリアサプライさまのような良い企業が増えると人も定着して地域活性化の良いきっかけになりそうですね。

今回、インタビューさせていただいたキャリアサプライさまも打ち合わせ段階の初回では、オンラインに抵抗感を感じており、対面での面談を希望されていました。そう感じている企業さまこそ、ワクフリでオンラインの練習をしてみませんか?

業務の整理やITツールの選定においてどうすれば良いか分からない…悩んでいる企業さまは多く存在していると思います。ぜひ私達にお話を聞かせてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

お問い合わせはこちらまで↓

 

この記事を共有する

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
;