omiyage

接待のお土産に軽減税率は適用されるのか?

当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、当ブログにおいて万が一記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。ご了承くださいませ。

※2018年12月現在の情報です。

 

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務の改善をサポートする、

株式会社ワクフリです。

今回は、以前から当ブログでもご紹介してきました「軽減税率」についての話題です。

軽減税率とは・・・

来年2019年10月の増税の際、一部の品目については税率を軽くして、消費税の税率が8%に据え置かれるという複数税率の措置がとられます。これが軽減税率です。

わかりやすく言うと、特定の品目の課税率を他の品目に比べて低く定めることをいいます。

日本では消費税率を10%に引き上げる際、低所得者対策として食料品や新聞などが軽減税率(複数税率)の対象品目となり、税率は8%のまま据え置かれることになっています。

平成31年10月からはじまります。

 

 

当ブログでは、数回にわたり軽減税率に関する記事をご紹介してきました。

今回も、気になる記事を見つけましたのでご紹介いたします。

 

接待のお土産、消費税は8%?10%?

この記事のリンクはこちら→ニュースイッチ(https://newswitch.jp/p/15383

 

この記事を読んでいただけるとわかるように、軽減税率が及ぼす影響は飲食・小売業にとどまりません。

その例として挙げられるのが、接待のお土産です。

贈答用の食品をはじめとする、会議や接客時の茶菓子の購入などは、軽減税率の適用対象となります。

このように、軽減税率の対象となる飲食料品などを扱わない事業者でも関係があるようです。

軽減税率に関して、線引きの難しさやスタッフ教育の重要性など、様々な疑問や課題が残っていますが、導入までの時間は刻一刻と迫っています。

直前でバタバタしたために起きるミスやトラブルを防ぐためにも、今の段階からきちんと準備することが求められています。

 

まず、軽減税率の対応策として考えられるのは軽減税率対応のレジが必要です。

しかし、「軽減税率対応のレジに変えたいけど、何にしたらいいかわからない・・・」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで、軽減税率対応レジ「UレジFOOD」はいかがでしょうか(^o^)

 

◼︎ UレジFOOD

UレジFOODとは・・・

飲食店様向けの多機能×低価格なタブレットPOSレジで、レジとハンディ端末の連携が便利なレジアプリです。

リアルタイムでの売り上げ集計管理はもちろん、一目で解る簡単分析機能を標準搭載しています。

なお、Uレジは中小企業庁による消費税軽減税率対策補助器の対象サービスに認定されています。

そのため、いち早く軽減税率制度に完全対応しており、代理申請・申請サポートの協力店リストにも登録されています。

さらに、最大40万円までの補助金対象サービスも用意されているため、

周辺機器の導入なども低コストで抑えられます。

 

 

→詳しくはUレジFOOD公式サイトをチェック!

 

ワクフリでは、Airレジの導入サポートを行なっております!

クラウドPOSレジへの切り替えを検討されている方、

軽減税率対応レジの導入を検討されている方、

UレジFOOD導入〜その後の運用までワクフリがサポートいたします。

 

また、ワクフリでは軽減税率対策補助金申請のサポートも行っております!

「補助金の申請なんてしたことがないから不安」

「自分の会社が条件を満たしているのかどうかわからない」

という方も、まずはお気軽にご相談ください(^o^)

申請〜その後までワクフリがサポートいたします!

今ならオンライン面談(2時間)無料♪

お問い合わせはこちらのバナーをクリック♪↓

 

 

 

詳しい情報は、USENレジfor store公式サイトより、ご確認ください。
リンクはこちら⇒(http://www.usen.com/uregistore/

※2018年12月現在の情報です。

この記事を共有する

;