企業のバックオフィス業務改善のことならお任せください!

20211224【業務効率化への第一歩】ブログ

業務効率化=ITツール導入ではない?
目的整理から始める3つのメリットとは

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務改善・業務効率化をサポートする、株式会社ワクフリです。

クラウドを導入してもすべて解決ではない?落とし穴にハマっていませんか

「社内業務をよりよい形でコスト削減したい」「人為的ミスをもっと減らしたい」「クラウドを導入した方がいいのかな」と一度でも思ったことがある方は必見です。

世の中にはさまざまな種類のクラウドサービスがあり、目的や企業規模、業務内容によって合うクラウドツールはそれぞれ異なります。自社にはどんなクラウドサービスが合うのだろう?と探しているうちに、結局どれがよいのか分からなくなり後回しにしてしまってはいませんか?
それは、今のシステムからどう移行していくのかなどのイメージがわかなかったり、解決策ばかりに目を向けてしまっているからなのです。

 

安心してください!ワクフリには「目的整理」というサービスがあります。

ワクフリではまず、現状の課題を洗い出します。

・経理部、総務部で紙での管理が一部残っている

・部署間での共有ができていない、スムーズではない

・在宅勤務ができる環境ではない など

 

次に、将来どうなりたいか、つまり、「ありたい姿」を考えます。

 

・経理、総務の属人化した仕事を減らすためにクラウドツールを選び、部署間でも情報共有できる環境を作りたい

在宅でも仕事ができるようにしたい など

 

このように可視化することで、「現状の課題」と「ありたい姿」のギャップを埋めるためには何をするかを一緒に考えます。

つまり、企業のビジョンがあって、業務の改善へ向けての方向性が決まってくるのです。

 

「目的整理」の3つの大きなメリット

・現状を可視化することで、ゴール(企業のありたい姿)が明確になる

・部署ごとの課題が明確になり、業務量やフローについて見直すきっかけになる

・企業のビジョンに基づいて、取り組むべき課題の優先順位をはっきりさせることができる

「目的整理」の所要時間は、現状ヒアリング・報告会含め、期間は1ヶ月ほどです。
1ヶ月間、専門家と自社のバックオフィスについてじっくり考えることで、きっと自社だけでは分からない新たな気づきを得ていただき、「自社のよりよい業務環境」に近づくお手伝いができると確信しております。

 

 

 

【TVで紹介されました】残った人員で仕事を回すため業務効率化を達成!

ライフスタイルの変化により事務職4名中2名がいなくなってしまうという状況から、少人数でも事務作業が回せるように業務効率化することで、事務作業の時間を大幅削減させることに成功させました!さらに、空いた時間でものづくり補助金にも挑戦し、企業の成長を後押しする設備の導入にも繋げ、大きな変革を遂げました。
記事内では、その変革の過程でどのようなことが起きていたのかを、取締役の重松恵美さんに詳しくお伺いしています。貴社の業務効率化のヒントにしていただければ幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございます!みなさまのご連絡を心よりお待ちしております。

 

ワクフリ公式Twitter毎日情報発信中!

chat work ID:wakufuri

Facebook:こちらをクリック

Twitter:@wakufuri

この記事を共有する

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
;