スクリーンショット 2019-06-04 21.36.13

従業員満足度と売上は比例する?!バックオフィス業務を効率化することでES向上に繋がった企業様の事例をご紹介

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務の改善をサポートする、株式会社ワクフリです。

今日は、企業の従業員満足度と売上の関係性ついてのブログです。

 

従業員満足度と売上が比例するって本当?

皆様は、「ES」「CS」という言葉を聞いたことがありますか?

ESとは・・・

仕事や職場の環境に対する従業員満足のこと
※「Employee Satisfaction」の略

具体的には、従業員の仕事の内容や給与面、福利厚生、職場環境、人間関係など職場における総合的な満足度のことを指します。

 

CSとは・・・

商品やサービスに対する「顧客満足」のこと

※「Customer Satisfaction」の略

具体的には、企業の顧客が、商品やサービスにどのくらい満足しているかということの指標です。

どちらかというと「CS」のほうをよく聞くような気がしますが、最近は「ES」という言葉も耳にするようになってきました。

実は、ESを高めることで、企業の経営においても色々なメリットがあることをご存知でしょうか?少し詳しくご説明いたします。

 

「従業員満足度の高い企業」というと、どんな企業を思い浮かべますか?

「給料が高い」「頑張りがボーナスに反映される」「福利厚生が整っている」「休暇の制度が整っている」などが浮かびますね。

しかし、実際にESの高いと言われている企業では、上記のような待遇面だけでなく、職場の環境や人間関係など、従業員がやる気を持って働き続けられるよう管理する体制が整っていると言われています。

職場の働きやすさや仕事のやりがい、楽しさを重視することで、能動的で優秀な人材が集まり、業務の効率化や生産性の向上なども期待できるということです。

ESが向上

従業員が高いモチベーションで仕事に取り組む

従業員のパフォーマンス・おもてなしが向上

結果:企業の売上もUP!という考え方が広まっています。

従業員がやりがいを持って仕事に取り組むことで初めて、顧客へのサービス向上への取り組みができるということです。

 

 

ESが上がって初めてCSが上がる

「企業の売上を上げたい!」「従業員満足度を上げたい!」と考えたとき、企業側はどんなことが出来るでしょうか?

先程も挙げた通り、「給料の額をアップする」「ボーナスに頑張りを反映させて支給する」「福利厚生が整える」「休暇の制度を整える」などを実現出来れば、従業員にとって嬉しいことでしょう。

しかし、この他にも企業側が従業員のために出来ることがあります。

それは、「働きやすい環境・仕組み作り」です。

例えば、IT(システムやクラウドサービス)を上手く活用して日々の業務の中で手間がかかっている、昔からのやり方だから慣れてはいるけど面倒に感じているというような部分を改善する というのも一つの方法です。

クラウドサービスを活用することで、これまで人の手に頼っていたような非効率的な作業、転記や暗記が必要な作業(人的ミスも起きやすい作業)を自動化することが出来、空いた時間で他の作業をするもよし、残業をなくし早く帰るもよしの環境を作るというのも良いアイディアかと思います。

さらにクラウドサービスは高い効果に対し導入のコストが低く、小さな企業でも無理なく利用出来るものが多いため、これまで使っていた高額なシステムと入れ替えることで大幅なコストカットが可能→浮いた費用を頑張ってくれている従業員の給与に反映→従業員のモチベーションアップにも繋げられるでしょう。

企業の売上アップ!というと、広告を出して認知度を高める、販路を拡大するなど表に出やすいようなものをイメージしがちですが、実は、上記のようにまずは職場環境を整え従業員が働きやすいように努めることが大切になってくるのです。

 

 

 

 

 

 

バックオフィス業務を効率化することでES向上に繋がった事例のご紹介

実際にクラウドサービスを活用して業務を効率化し、従業員満足度の向上及び顧客満足度の向上に成功した企業様の例をご紹介いたします。

↑画像クリックで有限会社やす武様公式サイトが開きます

企業・店舗名 有限会社やす武様

代表者様 高木新一様

業種 飲食業

所在地 福岡県太宰府市天満宮参道

HP http://www.umegaemochi.com/

導入したクラウドサービス

・クラウド会計「マネーフォワード クラウド会計」

・タブレット型POSレジ「スマレジ」

・キャッシュレス決済端末

 

梅が枝餅の製造・卸・販売と蕎麦屋の運営を行う企業様です。

1971年より太宰府天満宮の表参道にて、うどんを中心とした食堂をオープン、現在も人気のお店です。

太宰府天満宮に参拝に来られた方はぜひ足を運んでみて下さい。

 

やす武様はキャッシュレス端末の導入をはじめ、レジ・会計周りもクラウド化を進めており、お店ではタブレット型POSレジ「スマレジ」、クラウド会計「マネーフォワードクラウド会計」を活用し、社内のオペレーション、売上管理、会計処理を連携して行われています。

タブレット型POSレジの「スマレジ」の活用により、ホールスタッフの導線が変化し、必要スタッフ数が減少。その結果、既存スタッフの給与単価が向上。

また、スマレジの分析機能を活用し、リアルタイムで繁忙度合を把握し、ヘルプに行ける体制を構築することに成功しました。

また、会計周りを「マネーフォワードクラウド会計」を使って自動化することによって、バックオフィス業務の効率化に成功、捻出した時間でSNSを活用した広報活動や新メニューの開発(甘味処の立ち上げ)、オペレーションのさらなる改善(外国人対応マニュアルの作成)を進めることができました。

年々外国人旅行客が増えている太宰府天満宮。早いうちに外国人対応マニュアル作成に着手出来たのはとても大きいでしょう。

スマレジ、マネーフォワードクラウド会計の導入により、オペレーションの改善、IT化の推進を通じて業務の効率化が進んだだけでなく、経営者も従業員も仕事とプライベートのバランスの取れた生活を送れる環境=「ES(従業員満足度)がCS(顧客満足度)に繋がる経営」の実現が出来ました。

 

以上、ES(従業員満足)とCS(顧客満足)の関係について、事例をまじえご説明いたしました。

ES向上が会社の業績、経営とって、いかに大切な要素であるかお分かりいただけたのではないでしょうか?

もちろん、企業の売上UPにはCS向上が欠かせませんが、CS向上は、ES向上が実現して初めて実現するものです。

給与ややりがい、働きやすい環境、福利厚生など様々な角度から ES向上に取り組み、従業員のやる気と意欲を引き出してCS向上、そして企業の売上アップを目指しましょう!

 

 

 

ワクフリでは、クラウドサービスを活用した業務効率化コンサルティング・クラウドサービス導入サポートを行っております。

↑画像クリックでサービス概要ページが開きます。

やす武様のようにレジのIT化や会計処理のIT化を行ってみたい方、その他導入事例をもっと知りたい方は下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください。

初期調査〜業務の見直し、最適なツールの導入・設定、その後のサポートまでワクフリが行います。

導入実績多数の弊社になんでもご相談ください。

株式会社ワクフリ

info@wakufuri.com

chat work ID:wakufuri

Instagramwakufuri

Facebookこちらをクリック

Twitter@wakufuri

この記事を共有する

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
;