job_cafe_tenin_woman

軽減税率の事例集が更新!あなたのお店の軽減税率対策は大丈夫?

当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、当ブログにおいて万が一記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。ご了承くださいませ。

※2018年11月現在の情報です。

 

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務の改善をサポートする、

株式会社ワクフリです。

今回は、以前から当ブログでもご紹介してきました「軽減税率」についての話題です。

軽減税率とは・・・

 

来年2019年10月の増税の際、一部の品目については税率を軽くして、消費税の税率が8%に据え置かれるという複数税率の措置がとられます。これが軽減税率です。

わかりやすく言うと、特定の品目の課税率を他の品目に比べて低く定めることをいいます。

日本では消費税率を10%に引き上げる際、低所得者対策として食料品や新聞などが軽減税率(複数税率)の対象品目となり、税率は8%のまま据え置かれることになっています。

平成31年10月からはじまります。

 

 

 

先日、軽減税率に関するニュースをご紹介させていただきました。

店内のイートインスペースはもちろん、店外に設置されているベンチでの飲食も「外食」扱いとなり軽減税率の対象にはならないということで、客側も店舗側も混乱が予想されるという話題でした。(前回の記事はこちら

そして最近、また新たに軽減税率に関するニュースがありましたので、ご紹介いたします。

 

国税庁、軽減税率の事例集更新

この記事のリンクはこちら→(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000079-kyodonews-bus_all

 

 

店内で飲食すると軽減税率の適用対象外となり10%が課せられますが、店外に設置されているベンチで飲食する場合も10%になるなど、線引きが曖昧な部分が多い軽減税率。

消費者だけでなく、店舗側の対応もきちんとしておかないと、ミスやトラブルにつながりかねません。

軽減税率を導入することが、本当に低所得者対策や消費冷え込みを防ぐための策としてふさわしいのか?

といった疑問もありますが、日本の政府はこの制度を導入する方針で準備を進めている段階です。

実施までは残された時間は約9ヶ月。疑問点や不安などはまだまだありますが、まずは準備を進めることが先決です。

しかし、

「軽減税率対応のレジに変えたいけど、何にしたらいいかわからない・・・」

とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで、圧倒的高機能なPOSレジ「スマレジ」はいかがでしょうか(^o^)

 

◼︎スマレジ

スマレジとは…

売り上げを管理するPOSレジ機能をスマートフォンやタブレット端末で実現するアプリのことです。

低コストで導入できる圧倒的高機能なクラウド型POSで、いつでも、どこからでも使用することが可能です。

高機能ながらシンプルでわかりやすいデザイン設計は販売の現場のみならず、店舗の運営を強力にサポートします。

 

《軽減税率対応機能》

・状況に応じた税率設定機能商品やカテゴリごとに税率を設定することはもちろん、

ボタンの表示名や税率区分など、詳細な設定が可能です。

 

・1商品への複数税率設定機能ひとつの商品にイートインとテイクアウトがある場合など、税率を分けることも簡単です。

 

また、スマレジは消費税軽減税率対策補助金の対象サービスです。

そのため、補助金を使って周辺機器を通常よりも安く購入することができます。その価格例をご紹介いたします。

 

《消費税軽減税率対策補助金を使った見積もり例》

◼︎簡単導入(できるだけコストをかけずに導入したい方向け)

通常価格 : ¥105,000

実質負担額 : ¥42,467

(内訳)

・タブレット(ipad Air2)

通常価格 : ¥44,800

実質負担額 : ¥22,400

 

・レシートプリンター内臓キャッシュドロア

通常価格 : ¥60,200

実質負担額 : ¥20,067

 

◼︎フルパッケージ導入(クレジットカード決済・カスタマーディスプレイ・導入サポートを含めた本格導入を検討したい方向け)

通常価格 : ¥230,700

実質負担額 : ¥84,369

(内訳)

・タブレット(iPad Air2)

通常価格 : ¥44,800

実質負担額 : ¥22,400

 

・レシートプリンター(TM-T30)

通常価格: ¥46,200

実質負担額 : ¥15,400

 

・キャッシュドロア(E-35S)

通常価格 : ¥9,700

実質負担額 : ¥3,234

 

・カスタマーディスプレイ(DM-D30)

通常価格 : ¥27,000

実質負担額 : ¥9,000

 

・ICカードリーダー(Moo6)

通常価格 : ¥23,000

実質負担額 : ¥7,667

 

・導入サポート(ハードウェア導入・セットアップ)

通常価格 : ¥40,000

実質負担額 : ¥13,340

 

・導入サポート(トレーニング)

通常価格 : ¥40,000

実質負担額 : ¥13,340

 

→詳しくはスマレジ公式サイトをチェック!

 

軽減税率にも対応しており、補助金を使って周辺機器も安く購入できる。

来年度の増税の前に、スマレジを導入しない手はありません!

 

 

ワクフリでは、スマレジの導入サポートを行なっております!

クラウドPOSレジへの切り替えを検討されている方、

軽減税率対応レジの導入を検討されている方、

スマレジ導入〜その後の運用までワクフリがサポートいたします。

 

また、ワクフリでは軽減税率対策補助金申請のサポートも行っております!

「補助金の申請なんてしたことがないから不安」

「自分の会社が条件を満たしているのかどうかわからない」

という方も、まずはお気軽にご相談ください(^o^)

申請〜その後までワクフリがサポートいたします!

今ならオンライン面談(2時間)無料♪

お問い合わせはこちらのバナーをクリック♪↓

 

 

 

※2018年11月現在の情報です。

株式会社ワクフリ

info@wakufuri.com

chat work ID:wakufuri

Instagramwakufuri

Facebookこちらをクリック

Twitter@wakufuri

092-600-4200

この記事を共有する

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
;