企業のバックオフィス業務改善のことならお任せください!

tab_01

POSレジを導入するときにも使える!?軽減税率対策補助金について

当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、当ブログにおいて万が一記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。ご了承くださいませ。

※2018年11月現在の情報です。

 

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務の改善をサポートする、

株式会社ワクフリです。

今回は、POSレジを導入するときにも使える?!軽減税率対策補助金についてのご紹介です。

そもそも、軽減税率って?

来年2019年10月に、消費税率が10%に引き上げられます。

その際、一部の品目については税率を軽くして、消費税の税率が8%に据え置かれるという複数税率の措置がとられます。これが軽減税率です。

詳しく説明すると、特定の品目の課税率を他の品目に比べて低く定めることをいいます。

日本では消費税率を10%に引き上げる際、低所得者対策として食料品や新聞などが軽減税率(複数税率)の対象品目となり、税率は8%のまま据え置かれることになっています。

平成31年10月からはじまります。

 

◼︎軽減税率対象品目

軽減税率8%で購入できる対象品目はいったい何にあたるのでしょうか?

軽減税率の対象品目には、「酒類」「外食」「ケータリング・出張料理等」を除く飲料食品、定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞とすることが盛りこまれています。

 

◼︎外食と加工食品の線引きについて

外食と加工品の線引きがとてもわかりづらいと言われており、政府内では、外食の定義を取引の場所と「サービスの提供」有無を明確にすることで、軽減税率なのか否かを分けています。

 

◼︎外食の定義とは

  1. 場所(その場で飲食させるための設備を設置した場所)
  2. 態様に着目して定義(ケータリング・出張料理を含む食事の提供)

となります。

 

軽減税率についてお分りいただけたでしょうか。

では、実際に軽減税率が導入された場合、業務にどのような変化が生じるのかみていきましょう。

 

 

業務内容に加わること

・取り扱う商品の税率の確認&根付け
・仕入品目の税率チェックや、税率を分けての記帳
・社内教育
・請求書、領収書に軽減税率の対象品目である旨の記載、 税率ごとに合計した対価の額を記載
・記帳した帳簿等に基づいて消費税の税額を計算

といった業務が加わります。

また、原材料の適用税率が異なる場合も、計算が複雑になります。

 

そのため、自動で計算してくれるようなPOSレジの導入が必要なのです。

 

しかし、「軽減税率対応のレジに変えたいけど、何にしたらいいかわからない・・・」とお悩みの方もいらっしゃると思います。

そこで、誰でも無料で簡単に始められる「Airレジ」はいかがでしょうか(^o^)

 

◼︎Airレジ

Airレジとは・・・

0円でカンタンに使えるPOSレジアプリで、今一番利用されているPOSレジアプリです。

必要なのは、iPadまたはiPhoneとインターネット環境だけ。

無料で導入できるのが大きなポイントです!

 

《軽減税率対応機能イメージ》

各商品の税率設定画面

税率を選択できます

会計時の商品選択画面

1つの商品で税率が分かれる場合でも簡単に選択できます

レシートイメージ

レシート上でも税金が分かれて表示されます

 

さらに注目すべきは、Airレジは中小企業庁指定の軽減税率対策補助金対象サービスであることです。

今なら補助金を使って、iPadは1/2、周辺機器は1/ 4の価格で買い換えられるのです!

では、補助金対応後の価格例についてみてみましょう(^o^)

 

《補助金対応後の価格例》

iPad

iPad

通常価格 : (税抜)37,790

補助金で1/2 : (税抜)18,900

 

 

レシートプリンタ内蔵キャッシュドロア

レシートプリンター内蔵キャッシュドロア

通常価格 : (税抜)54,800

補助金で1/4 : (税抜)13,700

 

 

レシートプリンター

レシートプリンター

通常価格 : (税抜)36,900

補助金で1/4 : (税抜)9,225

 

 

キャッシュドロア

キャッシュドロア

通常価格 : (税抜)7,980

補助金で1/4 : (税抜)1,995

 

 

バーコードリーダー

バーコードリーダー

通常価格 : (税抜)34,800

補助金で1/4 : (税抜)8,700

 

 

 

→詳しくはAirレジ公式サイトをチェック!

 

軽減税率にも対応しており、補助金を使って周辺機器も安く購入できる。

来年度の増税の前に、Airレジを導入しない手はありません!

 

 

 

ワクフリでは、Airレジの導入サポートを行なっております!

クラウドPOSレジへの切り替えを検討されている方、

軽減税率対応レジの導入を検討されている方、

Airレジ導入〜その後の運用までワクフリがサポートいたします。

 

また、ワクフリでは軽減税率対策補助金申請のサポートも行っております!

「補助金の申請なんてしたことがないから不安」

「自分の会社が条件を満たしているのかどうかわからない」

という方も、まずはお気軽にご相談ください(^o^)

申請〜その後までワクフリがサポートいたします!

今ならオンライン面談(2時間)無料♪

お問い合わせはこちらのバナーをクリック♪↓

 

 

 

詳しい情報は、Airレジ公式サイトより、ご確認ください。

 

※2018年11月現在の情報です。

 

 

この記事を共有する

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
;