企業のバックオフィス業務改善のことならお任せください!

20221222_【ワクフリ流お仕事術大公開】情報共有をスムーズに行うコツ_コラム

ワクフリ社員に聞いてみた!
\分散する情報の管理はどうすればいいの?/

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務改善・業務効率化をサポートする、株式会社ワクフリです。


顧客先の情報が分散していて、情報収集に時間がかかってる…そんなお悩みはありませんか?
今回はそんな課題を感じているみなさまに、ワクフリの情報管理の方法をご紹介します!
情報を探す時間は知らず識らずのうちに業務負荷になっていることが多いのです。
顧客とのやり取りなどのコア業務にもっと時間を割くため今一度、情報管理について考えてみましょう。

 

 

お役立ち情報をお届け↓メルマガの登録はこちら

 

もし…情報管理システムが未整備だったら?

 

情報管理のシステムが未整備な場合、下記のような状況になることが予想されます。

・複数のExcelで情報管理されるようになり情報が分散する

・社内に戻らないと顧客情報が確認できない

・過去の商談履歴等が確認できず営業担当者が変更になった場合、引き続きの手間が生じる

→現状は面談シートに記録が残っているので、そこで過去の商談内容等を確認しなければならない

・特定の人物に情報が集中する属人化が発生する


これでは業務の効率化おろか、大切な業務に取り掛かる時間さえも奪われてしまうことになりかねません。

 

 

ワクフリのkintone活用術

 

ワクフリでは、創業当初からkintoneというツールで他社サービスと(マネーフォワードなど)ひもづけて、顧客情報/見積書や請求書まで全て情報を一括管理しています。予算管理もkintoneで行っており、全体における効率化をはかっています。


〜ワクフリのkintone社内図例〜



 

【kintone支援事例】情報の一元管理で業務管理が簡単に!

 

ワクフリコンサルティング内容:
業務整理・kintone開発・導入サポート(税理士法人アイユーコンサルティングさま)

 

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ワクフリは、常に貴社のベストな形を丁寧にヒアリングし開発に落とし込めるよう日々努めています。実際に現場で使っていただくスタッフの方も「意見を言いやすい」環境づくりを心がけています。kintone開発において、「ただ導入するだけではなくてウチに合う形でお願いしたい」という企業様、ぜひワクフリへ一度ご相談ください。「kintoneはウチに合っている?ツールは何がいい?」などのご相談だけでもOKです。

 

ワクフリ公式Twitter毎日情報発信中!

chat work ID:wakufuri

Facebook:こちらをクリック

Twitter:@wakufuri

この記事を共有する

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
;