king of time 1

勤怠管理システムなら「キングオブタイム」

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務の改善をサポートする、

株式会社ワクフリです。

今日はKING OF TIMEのご紹介です。

 

KING OF TIMEとは・・・

パソコンが苦手な方でも簡単に、全従業員がストレスフリーで使うことができます。管理者と従業員の間での遅刻・早退、休暇等の勤怠申請・承認(ワークフロー)も楽々。離れた複数の拠点でもリアルタイム一括勤怠管理が可能なアプリです。

では、どのような機能があるのか見ていきましょう。

 

当ブログは、弊社がいいな!と思ったクラウドサービスを独自に紹介するものです。当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、万が一記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。ご了承くださいませ。詳細はメーカー様公式サイトをご確認ください。

 

※2018年3月現在の情報です。

 

 

 

主な機能

1.残業時間の管理

過剰な長時間残業を防止するためにまず第一に取り組まなければいけないことは、残業時間の可視化です。

 

残業基準の設定

普通残業、休日残業、割増残業など、様々な残業計算の基準を、社員、アルバイトなど、就業ルールの違う従業員ごとに設定できます。 残業の申請・承認後に残業時間を反映することもできます。

 

・残業時間の確認

残業の申請・承認を行う場合は、最終承認者が残業承認後、残業時間が表示されます。 8時間超など、規定値を超えた時間を自動的に残業とする場合は、リアルタイムに打刻データの集計を行うので残業時間も瞬時に表示されます。その為、月中での労働時間の見直しも可能です。 また、アラート設定をすることで、一定の残業時間を超えた従業員のみを表示(色が付けられます)することもできます。

 

・残業の申請

各従業員が パソコン、携帯電話から自分のタイムカード画面へログインし、残業の申請を行うことができます。 申請理由の入力、事後申請も可能です。

 

・残業の承認

各従業員からの残業申請に対し、管理者が管理画面から承認・棄却を行います。従業員へコメントを返すこともできます。

 

・残業管理

リアルタイムに打刻データの集計を行い、残業も瞬時に表示されるため、月中での労働時間の見直しも可能です。また、アラート基準を設けることで一定の残業時間を超えた従業員のみを表示(色が付けられます)することも出来ます。休日残業、割増残業の管理も可能です。

 

このように、離れた本社からでも拠点・店舗の従業員の残業時間が把握できるので、働きすぎ防止対策や、人員調整が素早く行えるようになります。
また、あらかじめ設定した残業時間を超過した際に警告を表示したり、
管理者や従業員本人に自動でメール通知を行うように設定することも可能です。

長時間残業の抑制は、働き方改革の最重要課題でもあります。

 

 

2.スケジュール・シフト管理

シフト制、固定制等様々な勤務形態に応じて、柔軟なスケジュール登録が可能です。

・スケジュールパターンの設定

個別のスケジュールパターンを何通りでも作成できます。作成したパターンを使用できる所属、雇用区分も指定できます。直行・直帰、出張などの打刻無しでも勤務したとするみなし勤務、フレックス勤務、休暇の設定が可能です。

 

・スケジュール登録

日、週、月、任意の期間(最大3ヶ月)単位で、予め設定したスケジュールパターンを各従業員に割り当てるだけで、簡単にスケジュール登録できます。曜日毎、月毎で固定の勤務パターンという場合は、自動的にスケジュール登録できます。月別、曜日/時間帯別の目標値を設定し、それを参考にしたスケジュール登録も可能です。また、従業員からスケジュールを申請することも可能です。

 

・予実管理

作成したスケジュール(予定)に対して、実際の勤務実績との差異をリアルタイムに確認出来ます。日、週、月、任意の期間(最大3ヶ月)単位での比較が可能です。これにより予定に対してどれくらいのギャップが生じているのかが確認でき、適性な労働時間の管理ができます。

 

・単価の設定

雇用区分(職種)や個人に対して、時間給(所定・深夜など別)、日給、月給、交通費を設定することができます。

 

・予実の管理

シフトを立てた段階で、その店舗の人件費概算を把握することができます。実績と予定との差異は、リアルタイムで更新されるため、月別ではなく、日別・週別での精緻な管理が可能になります。

 

・人件費概算管理

従業員のマスタに単価を登録する事により、集計結果により人件費概算金額が確認できます。この機能により、日別/週別/月別の集計がリアルタイムで確認でき、人件費管理にお使い頂けます。

 

・拠点ごとの集計結果の確認

各拠点ごとの勤怠データがリアルタイムで確認出来ます。スケジュールを設定していただくことで、拠点ごとの予実管理も可能なので、どの拠点が予定通りか、そうではないか瞬時に分かります。

 

・活用事例

★400名を管理するシフトも、何パターンでも作成できシフト作成業務が軽減した。

★店舗毎のシフト作成が簡略化された。遠方の店舗のシフトや週退勤状況もタイムリーに確認できるようになった。

 

 

3.管理者権限機能

KING OF TIMEは、様々な操作権限を持つ管理者を、その役割に応じて自由に作成できます。
管理者はいくつ作成しても、利用料金には影響しません。

・管理者の作成例

管理者は、所属(部署、拠点等)、雇用区分(正社員、アルバイト等)単位で、従業員の設定、スケジュール管理、打刻時刻管理、データ出力等管理する権限を設定できます。

例)

・店長にその店の従業員に関するすべての編集権限を与えて店舗を管理。

・エリアマネージャーは統括する店舗のデータ閲覧、編集、データの締めが可能。

・課長には閲覧、承認権限だけを与え、その課の勤怠データを管理。部長には編集権限も与えて管理。

 

・管理者操作ログ

管理者によって行われた打刻データの修正、スケジュールの修正は、操作ログが残されます。全権管理者は、各管理者によってどのような操作が行われたのかを確認することが可能です。

 

・活用事例

★マネージャークラスがチームメンバーの残業時間などをリアルタイムで把握できるようになった。

 

 

4.ワークフロー(申請・承認)

従業員、もしくは管理者が従業員に代わって、打刻時刻、残業、休暇、スケジュール等の申請を行うことが可能です。
申請・承認フローは最大5段階まで設けることが可能です。

・申請可能な項目

申請承認機能には、
1.スケジュール申請(休暇申請含む)
2.打刻申請
3.残業申請
4.勤怠確認申請
5.従業員登録申請
の5種類があります。
管理者は、承認/棄却を選択するだけで、承認作業が行えます。

 

・様々な申請、承認ルールに対応

申請時にメッセージ入力(申請理由)を必須にする、承認者から申請者へ申請内容についてメッセージ入力できる、申請・承認・棄却時に申請者、承認者へメール通知する、申請・承認フローは最大5段階まで設けることができる等、運用ルールに合わせて申請・承認時のルールを設定できます。

 

・活用事例

★打刻忘れなどの申請承認が一元管理出来る為、管理が楽になりました。

 

 

5.休暇管理機能

有給休暇、代休、振休、夏季休暇、慶弔休暇、企業独自の休暇等様々な休暇が、数に制限なく管理ができます。
また、時間単位、半日単位での取得、有効期限等様々なルールにも対応しています。

・休暇取得状況の確認

管理者は、従業員毎の休暇取得状況が一覧で確認できます。従業員は、自分のタイムカード画面から休暇の取得日数や残日数、有休取得率がリアルタイムで確認できます。

 

・休暇増減管理

<有給休暇>

契約日数、勤務日数等から、有給休暇を入社日基準、もしくは特定に日基準で自動付与し、残日数の管理が可能です。

<代休等>

休日出勤発生時に代休等特定の休暇を自動付与することができます。休日労働時間によって、半日付与、1日付与を分けることも可能です。

各種休暇は時間、半日、1日単位での取得が可能です。

 

・オリジナル休暇の作成

休暇の種類は数に制限なく作成できるため、その企業独自の休暇もいくつでも管理できます。
有効期限のある休暇に関しては、失効の○日前にメール通知することも可能です。

例)
・有給休暇の失効60日前と30日前にメール通知する。

 

・活用事例

★結婚休暇など、独自の休暇制度を含む有給申請もサポートできるため、手間が軽減されました。

★集計作業に加え申請や承認、休暇の管理等もスムーズに行えるようになり、業務効率化を図ることができました。

★休暇ごとの残日数が分かりやすくなり、給与明細でしか確認できなかった有休も各人で確認できるようになりました。

 

 

以上、KING OF TIMEの機能の一部をご紹介いたしました。

さらに注目すべき点は、料金が1人300円(月額)という価格で勤怠管理システムを利用できることです。導入する際にお客様が一番不安に思われる導入サポートですが、KING OF TIMEでワンランク上の導入サポートを無償で行えるのも、KING OF TIMEの強みです。

 

上記の機能以外にもまだまだ便利で魅力的な機能が備わっておりますので、また別の記事でご紹介いたします(^-^)

 

ワクフリでは、KING OF TIME経費精算の導入サポートを行なっております!

新しくKING OF TIMEの導入を検討されている方、

「紙での勤怠管理に限界を感じている」「もっと手続きを効率化したい」とお考えの事業者様は一度お問い合わせください。

導入〜その後の運用までワクフリがサポートいたします!

 

まずはお気軽にお声がけくださいね。

※2018年3月現在の情報です。

詳しい情報は、キングオブタイム公式サイトより、ご確認ください。

リンクはこちら⇒(https://www.kingtime.jp/campaign?gclid=CjwKCAjwhqXbBRAREiwAucoo-_rIa78CgXXEpfsLdCXmbVYkNbVVKU4j9m-M5u_Txn3D4W8HGZJz1xoCKPoQAvD_BwE

【お問合わせ】

株式会社ワクフリ

info@wakufuri.com

chat work ID:wakufuri

092-600-4200

(092-600-4213でも繋がります♪)

この記事を共有する