8Ao9YbiqwOUKbQu1566268611_1566268818

顧客・案件管理も「kintone」!

当ブログは、弊社がいいな!と思ったクラウドサービスを独自に紹介するものです。当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、万が一記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。ご了承くださいませ。詳細はメーカー様公式サイトをご確認ください。

※2019年8月現在の情報です。

 

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務の改善をサポートする、株式会社ワクフリです。

 

今回は、kintoneのご紹介です。

 

 

kintoneとは・・・

サイボウズ株式会社が提供する、開発の知識なしでも自社の業務に合わせたシステムをかんたんに作成できるクラウドサービスです。

業務アプリを直感的に作成でき、チーム内で共有して使えます。

社員間のつながりを活性化する社内SNSとしての機能も備えているため、スピーディーに情報共有ができます。

 

 

お問い合わせはこちらのバナーをクリック↓

 

 

 

社内に散在する顧客 ・案件情報を効率的に管理

顧客や案件のデータを集約できるため、情報の一元管理が可能です。
さらに、案件の進捗を見える化することにより、二重対応や対応漏れを防ぐこともできます。

 

 

 

メールやエクセルによる情報の分散から脱却

①情報に紐付いたやりとり

案件およびすべてのやり取りを顧客情報に紐づけて残せるので、スムーズでスピーディーな情報共有を実現!

 

②一目でわかる変更履歴

ノートパソコンのキャラクター(笑った顔)

「いつ」、「誰が」、「何の」情報をアップデートしたかを自動で記録。そのため、過去の経緯も手間なく追えます。

 

③案件の属人化を防止

過去の経緯や進捗が一箇所にまとまることで属人化を防ぎ、チームで対応できるようになります。担当変更の際の引き継ぎもラクラク!

 

 

 

案件の進捗やメンバーの工数を見える化

◼︎データをグラフで見える化

条件を選び、データに基づいたグラフ出力が可能です。これにより営業状況を可視化し、分析にも活用できます。

 

◼︎メンバーの工数を把握してリソースを最適化

担当者別の対応件数をグラフ化して、工数を把握することができるので、リソースの最適化を実現できます。

 

 

 

 

以上、kintoneでの顧客・案件管理についてのご紹介でした。

これまで紹介してきた機能以外にも、kintoneにできることはまだまだたくさんあります。

他社ソフトからの移行や新規導入をお考えの方は、お気軽にワクフリにご相談ください(^o^)

 

ワクフリでは、kintoneの導入サポートを行なっております!

kintone導入〜その後の運用までワクフリがサポートいたします。

今ならIT導入補助金を活用したkintone導入もご相談いただけます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらのバナーをクリック↓

 

 

※2019年8月現在の情報です。

詳しい情報は、kintone公式サイトより、ご確認ください。

 

夏のライン「ビーチ」

【お問合わせ】

株式会社ワクフリ

info@wakufuri.com

chat work ID:wakufuri

Instagramwakufuri

Facebookこちらをクリック

Twitter@wakufuri

この記事を共有する

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
;