企業のバックオフィス業務改善のことならお任せください!

20220208【ツール導入の前後が重要】ブログ

もう失敗しないITツール
業務整理をしたから自社の最適解がわかる!

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務改善・業務効率化をサポートする、株式会社ワクフリです。

\【もう失敗しないITツール】業務整理をしたから自社にとっての最適がわかる!

ワクフリと業務整理を終えたあとは、現状からありたい姿へ辿り着くためにどういった手段が必要かを一緒に考えます。

下記の記事では自社では見えない課題点を第三者目線でみえる化する業務整理の重要性」についてご紹介しています。もう一度確認する↓↓

 

【導入実績:TVで紹介されました】
 残った人員で仕事を回す。たった1つの決断から結実した大型投資と働き方改革

現状の課題:
紙での業務が多い
・会計・経理・労務などのバックオフィス業務に無駄が多く業務負荷が大きい
・外出が多い時などスムーズな情報共有が難しい
・在宅勤務ができる環境が整っていない

 

ありたい姿:

経理をはじめとするバックオフィス業務の問題点を改善し、処理能力を高めたい
・いつでもどこでも仕事ができるようになりたい

⇨このように、現状とあるべき姿を可視化して整理しました。
その結果、サガ・コアさんはありたい姿へ辿り着く手段として、クラウドツールの導入を決断しました。クラウドツール【KING OF TIME、MFクラウド会計・給与・請求書、kintone】を導入。
ワクフリが社内での定着までサポートし、1年以上経過した今でも運用がしっかり回っています。

 

勤怠管理ツール「KING OF TIME」は中小企業にピッタリ

実際にサガコアさんが導入された勤怠管理ツール「KING OF TIME」とは、
多彩な打刻方法に対応しているため、勤務場所や状況に囚われない打刻ができる
・打刻データの自動集計により、集計業務にかかる時間が削減
・社内にいなくても勤務状況䛾確認や、残業や有休などの申請/承認が可能


企業にとって重要な働き方改革への対応
KING OF TIMEは働き方改革関連法に沿った勤怠管理の設定ができます。
ただ、いざツール導入となると、システムの仕組みを理解できるだろうか…?使いこなせるだろうか?など、不安はつきもの。

 

ワクフリは、「ツール活用」こそ新たなスタートだと考えています。
システムの設定や仕様のカスタマイズなど、貴社に寄り添って最適な形を探り、ツールの利用が社内で定着するまで伴走します。それは、社内業務を効率化させ、「働きやすくなった!」という声をいただくためです。

事例として紹介したサガ・コア&カッター工業株式会社さまは、業務効率化によってうまれた時間をつかって、ものづくり補助金を申請し事業を大きく成長させています。


サガ・コア&カッター工業株式会社さまの事例紹介記事を詳しく見る↓

 

【お喜びの声】河本・海津税理士事務所様よりコメントいただきました!

(下記一部抜粋コメント)

第三者視点の重要さに改めて気付かされました。
・業務のみえる化を通して課題になっていた社内情報の共有方法が確立されました!
・「業務をみえる化」して現状を再確認できた
・これまでの業務のやり方で発生するであろうリスクを洗い出し、対策法を考えることができた


一体どうやって「業務整理」を行い環境構築したのでしょうか?↓↓

ここまでお読みいただきありがとうございます!みなさまのご連絡を心よりお待ちしております。

 

ワクフリ公式Twitter毎日情報発信中!

chat work ID:wakufuri

Facebook:こちらをクリック

Twitter:@wakufuri

この記事を共有する

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
;