スクリーンショット 2018-06-04 16.18.40

kintoneのデータから請求書を自動発行できるようになります!

皆様こんにちは。

クラウドサービスを活用し企業のバックオフィス業務の改善をサポートする、

株式会社ワクフリです。

今回は、株式会社マネーフォワード様がプレスリリースした新機能についてのご紹介です。

株式会社マネーフォワード様が提供するクラウド型請求書管理ソフトMFクラウド請求書において、サイボウズ株式会社様が提供するビジネスアプリ作成プラットフォームkintoneとのプラグイン連携を開始いたしました。これにともない、kintoneの取引先・品目・請求の3データをMFクラウド請求書に、MFクラウド請求書の入金データをkintoneに連携することが可能になります。

 

 

当ブログは、弊社がいいな!と思ったクラウドサービスを独自に紹介するものです。
当ブログに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、万が一記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。ご了承くださいませ。
詳細はメーカー様公式サイトをご確認ください。

 

※2018年6月現在の情報です。

 

 

 

MFクラウド請求書とは・・・

当ブログでもご紹介してきました、MFクラウドシリーズのひとつのMFクラウド請求書は、国内で最も多くのユーザー様が利用しているクラウド型請求書ソフトです。誰でも・どこにいてもスマートに請求書を作成・管理することができ、業務効率を劇的に改善できます。消込機能や郵送対応などの機能は、人件費・郵送費の削減にもつながります。

MFクラウドシリーズに関する過去の記事はこちら

 

 

kintoneとは・・・

当ブログでも、以前ご紹介しましたkintoneは、データベース型のビジネスアプリを作成できるツールです。専門的な知識がなくても、誰でも簡単にアプリを作成することができます。プロジェクトにおける情報共有はもちろん、企業間コラボレーションにも対応しています。

たとえば、下記のようなアプリを3分で作成できます。

kintoneに関する過去の記事はこちら

 

 

管理から請求書の発行までをシームレスに!

◼︎できること
・kintoneアプリから請求書発行まで自動化
・kintoneとMFクラウドのマスタ(請求書・取引先・品目)連携
◼︎プラグイン価格
150,000円(年間サポート含む)
◼︎こんな方におすすめ

・中小企業(ユーザが300名以下)の経理担当

・請求書発行業務に時間を費やしている

・kinetoneで受注管理や請求書管理をしている

・MFクラウドを利用している

 

 

請求書の連携イメージ

連携ボタンクリックで、MFクラウド請求書に反映します。連携時、取引先を同時更新します。

・件名

・請求日

・入金ステータス etc

 

品目の連携イメージ

kintoneの連携ボタンクリックで、MFクラウドの品目マスタに反映します。

・品目コード

・単価

・単位 etc

 

取引先の連携イメージ

kintoneの連携ボタンクリックで、MFクラウドの取引先マスタに反映します。

・顧客コード

・部門名

・住所 etc

 

 

 

以上、MFクラウド請求書とkintoneの連携についてでした。

当ブログでは今後も便利なサービスをご紹介予定ですので、是非また覗きに来てください(^o^)

※2018年6月現在の情報です。

詳しい情報は、公式サイトより、ご確認ください。

【お問合わせ】

株式会社ワクフリ

info@wakufuri.com

chat work ID:wakufuri

092-600-4200

この記事を共有する